全ては水から始まっている 原点回帰

ゆっくり、まったりしている時のコーヒーは落ち着きますね。

雨の日は特に、家にこもってゆっくりしたいものです。

そして読書をしながらの熱いコーヒーで優雅に過ごす時間。

大人になった今は苦味を欲するようになりました。

大人になると、

コーヒーやビール、ちょっとお高めの紅茶、

いろいろな物に手を出してしまいます。

昔の話です

運動部に所属していた私。

Tシャツが絞れんばかりの大量の汗

あの頃はよく走った。いや走らされていた。笑

それなりの強い学校だったので、もう根性です。

学生生活だけで世界1周分は走ったのではないでしょうか。嘘です。笑

まぁそれはさておき、

運動後に飲むものはポカリor麦茶or水。

どれも捨てがたいですが、

中でも熱い日のキンキンに冷えた水は格別でした。

『やっぱり水だな』なんて言っていたのに、

今となっては。。。

学生の頃に感じた、水の美味しさを忘れているような気がします。

健康

身体の60%が水分だなんてことをよく聞きます。

私がだいたい60kgなので、計算すると約36kg。

電動アシスト自転車がだいたい30kgみたいです。

持ち上げるにはちょっと重い。

イメージしただけで腰をぎっくりしそうです。。。

そんな多くの水が必要になるんです。

私たちにとってなくてはならない存在ですね。

ましてや病気という面でも、水分不足は

熱中症・脳梗塞・心筋梗塞

のリスク要因です。

『お金持ちになりたぁい』『自由な選択肢を・・・』

以前に身体を壊してしまうのは嫌です。

やっぱり、健康一番ですね。

緊急時

人は考える力があります。言葉を創り、文化を創り、

改めて、先祖の方々は素晴らしいです。

しかし、負けるのです。自然災害には。

これから、

どんなとき、いつくるのか

待ってくれないのが怖いものです。

やはり、

自分を守る、子供を守る、高齢者を守る、家族を守る

ことを考えて、最低限の水は必要ですね。

1日に人は約2L程水分を摂取します。

お米を食べるのにも、水

粉ミルクの調乳にも、水

お風呂に入るのも、水

トイレの水を流すのにも、水

必要不可欠です。最低でも

3L×人数×日数分(日数の予測は難しいですけどね)

の備蓄はあっても良いですね。

ローリングストック

普段から水や食材を多めに購入して、

日常生活で使用しながら、常に一定量を備蓄する方法

水はないと困りますが、あっても困らないですからね。

身近な存在

朝起きて夜寝るまでに

1日に見ない日はないというぐらい

身近に存在しています。

顔を洗う、歯を磨く、

食事時に水を飲む、洗濯をする、

トイレに行く、お風呂に入るなどなど。

身体も水も大事にしたいものです。

余談ですが、

普段から飲むミネラルウォーターには硬度があります。

ラベルに表記してあり、硬水や軟水です。

香水は違いますね。笑

水によってカルシウム・マグネシウムという

ミネラル分が違います。

ミネラル分が多いと、硬水

少ないと軟水になります。

コンビニやスーパーで売っている水たちにも

種類があるので、飲み比べをしてみるのも面白いです。

「利き水チャレンジ」是非!

私は家族の前で自信持ってやりましたよ。

・・・意外にわからんもんです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です