残業しないメリット・デメリットを理解した上で、幸せな選択肢を選ぶことが大切。

私たちは1日8時間の仕事をしています。

週5日であれば40時間。1ヶ月あれば160時間です。

そしてそして、1年間で計算すると1,920時間仕事をしていることになります。

1年間で80日間休みなく働いていることになります。

計算するとなかなかですね。笑

人生ほとんどの時間を仕事に費やしている私たちです。

そして、8時間労働に追加して残業までするとしたら1日はほぼ仕事で終わります。

そんな私も最近では、なるべく残業をしないように心がけています。

メリット

早く、自宅に帰ることでのメリットは多いです!

1.プライベートが充実する

自宅に帰ってから、家族で過ごす時間趣味をする時間が確実に増えます。

好きなことをする幸せで心豊かになる時間は多い方が良いに決まっています!

また、この時間で自己啓発資格の取得などのスキルアップも可能です。

充実したプライベート時間を作りましょう!

2.判断力・生産性が上がる

定時の時間が決まっていることで、時間効率が上がります

短い時間の中で優先順位を決めて、だらだら仕事をしなくなります。

また何事も切り替えが大事です!

遅くまで仕事をして、あまり休めずにまた明日仕事では

判断力も鈍くなり、思考力低下や心の余裕までも減ってしまいます。

デメリット

次はデメリットについて解説します。

1.残業代がもらえない

残業をしない1番のデメリットです!

残業代は普段の金額よりも多くもらえることが魅力的だと思います。

また、残業代を生活の資金として使用している家庭も少なくありません。

私の会社も今となってはしっかり残業代が出ていますが、

以前はサービス残業当たり前でしたからね。笑

2.悪いことをしている気分になる

今までの会社の風潮は残業して当たり前でした。

むしろ、早く帰ることで「もう帰るの?」みたいな雰囲気になります。

最近では、定時で上がるように心がけている会社も増えてきていますが、

まだまだ、定時で上がる方々が少ない職場では気まずい空気になります。

まとめ

残業しないことでメリット・デメリットはそれぞれあります。

大事なのは、理解した上で時間をどう活用するです。

自分自身の人生です。豊かで幸せな時間になるように選択していきましょう。

誰かの為に生きている人生・仕事している人生ではなく、自分の為の人生です。

他人の目を気にする必要はありません。

今後、サラリーマン1本では明るい未来は想像できません。

終身雇用制度の廃止や同一労働同一賃金に時代が来ます。

収入源を増やしておいて損はないはずです。

今、20代・30代の中堅社員が気付くべき会社の末路〜日本の会社が変わる〜

残業をなくして、早く自宅に帰れたぶん

自己投資や副業なんかにもチャレンジしてみると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です