ぶどうの保存方法。食べる直前まで洗わないのも基本の一つ!一房の場合は?一粒ずつの時は?

こんにちは!よきです!!

毎日少しずつ暑くなってきました!

山梨からの富士山は今日も綺麗です!

暑くなればなるなるほど大切になる食べ物の保存の仕方。

今日は「ぶどうの保存方法」です。

主に秋の時期に収穫されるぶどうもまだまだ暑い季節。

一房を一気に食べ切ることは難しい。

でも保存方法を知っておけば、食べたい時に美味しく頂くことができますよ!

ぶどうの保存方法

ぶどうはデリケートな果物です。

常温のまま置いてしまうと痛む時間が早くなってしまいます。

保存方法は常温保存冷凍保存冷蔵保存の3パターンです。

常温保存

ぶどうは湿度や温度が高くなる場所では傷みやすくなります。

その為、常温で保存する場合には直射日光を避けて、冷暗所で保管しましょう。

また、水洗いは食べる直前に行なうことがおすすめ!

先に水洗いしてしまうことで、ぶどうが傷むスピードが早くなってしまいます。

ぶどうの鮮度を保つ働きがあるブルームを大事に取っておいてあげましょう

ぶどうの豆知識。あの白い粉って?種類はいくつ?美味しい食べ方?皮の簡単な向き方ってある?

冷凍保存

冷凍にすることで約1ヶ月程度は保存することができます!

常温方法と違って、冷凍保存の場合は水洗いが先になります。

水洗いした後に皮ごとキッチンペーパーなどでしっかり水分を取ってあげましょう。

食べるときにはそのままシャーベットにしても良し、

一度常温に戻してから食べても良しの2つのパターンが楽しめます!

冷蔵保存

冷蔵保存と常温保存の場合では、水洗いは食べる直前に行ないます。

冷蔵保存の場合の期間は、

一房:3〜5日程度

一粒ずつ:1週間程度

となっています。できるだけ早めに食べる方がいいですね!

ちなみに、

一房の場合

保存方法として、ペーパータオルなどで包んでから

ラップポリ袋で包んで保存するのがおすすめ!

新聞紙でも代用できます。新聞紙を一度クシャクシャにした後に包んであげることで、

ぶどうを痛めることなく保存することができます!

一粒ずつの場合

保存方法は、一粒ずつを密封できる袋や容器に入れて保存します。

大事なことは、ぶどうの軸を残すことです。

ぶどうの根本に付いている枝を取ってしまうと、果汁が漏れてしまいます。

一房も一粒ずつの場合であっても常温冷凍冷蔵の保存方法は一緒です!

まとめ

ぶどうはもともと日持ちしない果物です。

可能な限り、食べ切れる分を購入することをお勧めします!

しかし、ぶどうが大好き・家族が多い方は上記の方法で

鮮度をなるべく保ったまま管理して、食べたい時に美味しくいただきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です