憧れのメンターは人生を豊かにも幸せにもしてくれる!幸福な人生の近道を見つけよう!

人生は一生に一度きりです!

どのような人生を送りたいのか、自分自身にとってどんな人生が幸せなのか。

私たちの考え方や理想は、今までの人生の先輩にあたる

生まれてから育ててくれた親、

学校という環境で指導してくれた先生、

会社に入り社会や仕事を教えてくれる上司

のような方々かもしれません。

今までの人生には、指導してくれたり導いてくれたりしてくれる方がいました。

その方々の考え方などを無意識に取り入れていたかもしれません。

その環境ではありがたいことに自然に方向性を導いてくれていました。

これからの人生は、理想の人生の獲得に向けて

自分にあったメンターを探すことが必要になります。

メンターは、日本語に直訳すると助言者、あるいは相談者という意味です。メンターという言葉は、古代ギリシャの長編叙事詩「オデュッセイア」の中に登場する賢者Mentor(メントール)が語源となっています。引用:人事評価制度の教科書

その人の生き方や在り方が、自分の人生や仕事の仕方、考え方の方向性を示してくれる人。

メンターのイメージ

・仕事とプライベートの両面で相談することができる。

・悩みの解決のみではなく、同じ目的に向けて一緒に考えサポートしてくれる。

・上からの態度ではなく、オープンでフラットに接することができる。

・メンター自身も相談者とともに成長できる。

理想のメンター=話しかけやすく、学びをくれる

職場におけるメンターって

私たちの人生の大半は仕事をします。

その中で、上司は自然とメンターの役割を果たしてくれています。

若手はこんな先輩になりたい、憧れの上司になりたいと日々頑張っている最中です。

最近では、ハラスメントとという言葉が会社にも存在します。

強い立場からの強い口調で怒ったり、気軽に飲み会に誘ったりすることも難しい世の中です。

会社における部下と上司との遠い距離感が生まれる事で

職場においても本音で相談できる存在が少なくなる事は目に見えています。

また、終身雇用や年功序列制度が今後は廃止されていく世の中です。

終身雇用制度の時代では、長くゆっくりと育てていくことが可能でした。

今後は、転職が多くなることや即戦力を重視するような時代となり、

早い段階から業務を覚え、スキルを獲得していくことが必要になります。

私の会社では、

プリセプター制度があります。新入社員が入る事で、

年齢が離れすぎない先輩が指導者としてつきます。

新入社員は業務のことや悩んでいることを相談するのですが、

年齢が近いということで、話しかけやすい雰囲気や共感できる話題が安心感に繋がります。

デメリットとしては、プリセプター自身もまだ若手であり

彼らも新人同様に同じような事で悩んでいる可能性があります。

また、彼らの経験が浅いために指導した内容が正しいとはまだ言いにくいのも現状としてあります。

答え方も曖昧になってしまうことも多々あるかもしれません。

しかし、デメリットよりもメリットが多くあるからこそ続いています。

今の例は一例であり、今後の社会の変化に合わせてメンターも変わっていく必要があります。

人生におけるメンターが欲しい

人生を豊かにするために、理想の生活をしている人や目標にしている人がいる場合は、

メンターの助言があることで理想の人生への近道になります。

目標にしたい存在

・人生において未来のモデルになるような存在

・仕事における知識や技術を身につけたいと思うような存在

・生活における考え方や生き方を尊敬し憧れるような存在

・有名人であり偉業が今なお多くの人に影響を与えている存在

自分の力のみで調べることも時には大事ですが、全てを調べ続けるよりも

はるかに時間単価は高いものになります。

仕事における時間単価についても考えてみよう!

時間単価を考える〜時間の価値はみな平等〜

尊敬する人や目標にしている人がすでにいる場合には、

直接相談してみるというのもありですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です