幸福年収800万円 私の年収300万円

毎日が全力疾走。仕事中心の人生です。

気がつけば来年度には30歳、

胃もたれや体重増加、少しずつ老いを感じます。笑

そんなこんなの年度明け。

この時期は別れと出会いの時期ですね。

友達、同僚、家族

それぞれの人生、それぞれの環境、

悲しいようで楽しみなようで。

そして、私も春に向けて、

新しい自分との出会いが楽しみです。

お金の勉強をしてる今、

どんな知識、どんな考え方、どんな価値観、

成長している自分に早く出会えたら嬉しいです。

今はお金知識0から0.01ぐらいになってきたかなと思います。

そして、最近ではこんなワードに出会いました。

『幸福年収は800万円以上から・・・』

お金知識の高い方は聞いたことある数字なんでしょう。

私にとっては、幸福年収?800万!?なんだその額は?

って感じです。

羨ましい数字だとしかわかりません。笑

幸福年収っていったい

年収と幸福度についての関係を研究した

頭の良い方(アンガス・ディートン教授)の発表によると、

年収800万円までは、稼いだ分に合わせて幸福度も上がるが、

年収約800万円を超えたところで

年収が上がっても幸福度には影響しない。

っえ?年収なんて高ければ高いだけ、

幸せなんじゃないの?と私は感じます。

なぜなら、私はそんな額を稼いだいこともありませんし、

見たことすらありません。(自信持って言うところではないですけど)

少なからず共感を持ってくれる方もいるはず!笑

まぁ、強がりはさておき、

幸福のボーダーラインまでは、まだまだ先の話。

1ヶ月にだいたい25万円稼いだとして、1年間では300万円。

あと、500万円は必要。倍以上です。

世の中には凄い人たちがたくさんいるのだとつくづく感じます。

幸福

幸福年収とやらを理解したところで、

幸福とは何かを知りたくなります。

これもまた頭の良い人(マーティン・セリグマン)が

提唱していました。

幸福とは、

1.達成 Achievement

2.快楽 Positive emotion

3.良好な人間関係 Relationships

4.意味合い meaning

5.没頭 Engagement

言葉にすると深く難しいですね。

さらに深く、

達成:目標を成し遂げたことによる幸せ

快楽:食欲や性欲から得られる幸せ

良好な人間関係:友人や恋人との楽しい時間から得る幸せ

意味合い:誰かの為に貢献できているという実感から得た幸せ。

没頭:熱中したりや夢中になったりすることでの幸せ

とのことです。

人それぞれ度合いは違うのかもしれないですが、

どれも『確かに!』と当てはまる気がします。

自分にとって何が幸せなのか。

どんな幸せのために稼いでいるのか。

年収が高くても、仕事漬けの毎日に幸せはあるのか。

お金持ちになりたいという希望とともに

幸せについても考える良い機会です。

幸福のボーダーライン、私も早く実感してみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です