山梨の桃。種類豊富で選び放題!旬な時期と特徴を紹介!おすすめの一品を選ぼう!!

こんにちは!よきです!!

7月は山梨桃シリーズ!旬な時期に旬な果物を食べよう!!

山梨といえば果物であり、桃は今の時期に最高な味わいです。

この時期食べずしていつ食べる?笑

山梨県の生産地

山梨県といえば桃が代表的ですが、どこの地域でも生産されているわけではありません。

その為、旅行に来られる方(桃狩りを考えている)は注意が必要です。

それでも山梨県で多くの場所で桃が作られていますが主な生産地は、

山梨市・笛吹市・甲州市・南アルプス市(櫛形・白根)・韮崎市(新府)になります。

以上の地域で桃がりしている農園が多いので、ぜひ参考にしてください!

それぞれの旬な桃

山梨の桃たちは品種によって収穫時期が変わりますが、主な収穫時期は6月中旬~9月中旬までとなっています。

果物の◯◯狩り!夏休みシーズンに多い桃狩りは、7月上旬~8月中旬頃が最も多いです。

そして、それぞれの桃の品種は楽しめる時期が2~4週間と短いのです。

ちよひめ

6月中旬~下旬。

山梨県で最も早く食べることができる桃の一つ。

早生品種の中でも美味しく、桃のシーズンに先駆けて味わえる品種です。

果肉は白くうっすらピンク、しっかりとした食感とたっぷりとした果汁が含まれています。

日川白鳳

6月下旬~7月中旬。

甘味は中で糖度は12度前後!なかなかの甘さで口当たりはなめらか。

姿形が美しく甘くてやわらかい桃は、お中元やお歳暮の定番として贈る人も多いんです。

繊維質が少なくみずみずしい、滴り落ちるほどの果汁が特徴です。

夢しずく

7月上旬〜7月下旬。

山梨県オリジナル品種で、香りも楽しめる桃!

桃本来の芳醇な香りが特徴になります。

糖度も高く13度以上で甘み十分な桃です。

果汁も豊富でソフトな口当たりのおいしい桃です。

白鳳(はくほう)

7月中旬~7月下旬。

よきのおすすめな品種!

山梨県で最も多く作られています。

山梨県のthe桃!鮮紅色で美しい見た目。

果汁がとても多く、酸味はあまりありません。

食べた瞬間、果汁が滴る桃といえばこの白鳳!

山梨の旬はやっぱり桃!山梨の桃は全国でも生産量がなんと1位!山梨県では白鳳が最も多い。

浅間白桃

7月下旬~8月上旬。

全体的に赤く美しく、硬さも柔らかさも両方楽しめる桃

大玉の桃でやや硬めですが、日数が経つと柔らかくなります。

果肉は緻密で果汁が多く、糖度も高めです。

一宮白桃

8月上旬~8月下旬。

なななんと!350g前後の大玉になる桃。デカさで選ぶならこれ!

表皮はクリーム色の地に赤く色付き、薄いクリーム色の果肉は白桃系らしい締り。

糖度は高くて酸味はおだやか。 種子の周りは一部赤くなっています。

川中島白桃

8月上旬~8月中旬。

やや硬めで歯触りがいいです。硬めの桃好きな方は必見!

上質の桃として栽培され、桃全体で3番目に多く栽培されている品種。

甘さは十分!酸味が少なく日持がするのも特徴です。

また、ジャム・コンポート・スイーツなどに加工しても美味しく食べることができます!

あなたは今年、どんな山梨県の桃を選びますか?

ちなみに山梨県民の多くは、シャキシャキとした硬い桃派です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です