一番嫌いな言葉「勉強」それでもやりたい

大学卒業以来、教科書のような本は手にしていません。

教科書には睡眠薬のような作用があることを私は知っています。

『明日、テストなのに。』といったこともお構いなしに

ページをめくればめくるほど効果は強まっていくのです。

そんな本に学生の頃は、何度も睡眠のお手伝いをしてもらいました。

しかし、社会人になってから毎日よく眠れる私には、必要ありません。笑

今では本棚にきれいに並んでいて、数年もの間順番も変えずにきちんと保管されています。

遠くから眺めているぐらいがちょうどいい。なんて思います。

そんな私が本日から、勉強始めます。

勉強しようと決めたのは資産運用について学ぼうと思ったからです。

いや、学ばなければいけないとそう悟ったからです。

今日まで、本棚で眠っている本たちのように、

貯金してきたお金たちは、今まさに銀行で眠っています。

この子(お金)たちを動かさねば、未来を変えれぬと覚悟を決めました。

そこで私、(想像通りだとは思いますが、)お金の勉強始めます‼︎

小学校、中学校、高校、大学とお金について教えてくれた授業は

私の記憶ではありません。(あっても、きっと覚えてないとは思います。)

では、具体的に何するのかというと、

FP(ファイナンシャルプランナー)、簿記の資格をとることに決めました‼︎

FPって何もの

FPはファイナンシャルプランナーといいます。「お金」に関わる人生プランの

資金計画を立てて、経済的側面から実現に向けてアドバイスをする資格です。

具体的には、金融・税制・不動産・住宅ローン・保険・教育資金・年金制度等の知識を持ち、

総合的な視点で援助・サポートし導いてくれるお金の専門家です。

生活していく中で、貯蓄するためにどうしたらいいのか、老後の生活費はいくらかかるのか、

年金はどのくらいもらえるのか、住宅ローンはどう組むべきか、

子供の教育資金の準備どうしたらいいのかなど、知らないが故に不安になるお金のことを

解決してくれるのです。

簿記って何もの

簿記とは、企業などの資産・負債・純資産の増減を管理し、

収益や費用を記録する技術のことです。

わかりやすく言うと、お金やものの出入りを記録する為の方法になります。

簿記を理解することで、新聞の経済欄やニュースが理解できるようになり、

経済の動きが分かることで株式投資を行なう際にも役立ちます。

ちなみにマイマザー(母親)は簿記1級を持っているそうです。

尊敬です。これから崇拝しようと決めた瞬間でした。笑

合格発表

それは・・・まだ受けていません。強いて言うなら教材すら開いておりません。笑

今はまだ、やる気という気持ちだけを持っている状態です。

そして、今回受けるのはどちらも3級です。1級合格はもちろんかっこいいんですが、

『資格を取って転職だ‼︎』とか『この資格を仕事に活かすぞ‼︎』という理由で受けるわけではなく、

『人生に活かすぞ‼︎』という目的の為なので、基礎知識が欲しいのです。

ですが、勉強したかどうかは第三者の判断も必要なので、

せっかくの機会、自己満にならぬようやる資格取得を目指します。

自分自身への自己投資であり、更なるステップアップへの土台作りとして。

かっこよく宣言することで、自分へプレッシャー込みです。笑

いつか、家族や友人にもお金の悩みや人生設計で困っていたら

助けてあげられるようなそんな人生にしていきたい。

是非、合格発表お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です