ダイエット経験者なら誰でもぶち当たる減らない期間!人間の仕組みはうまくできている!

こんにちは!よきです!!

以前から私は、夫婦で夕食をサラダに置き換えるダイエットをしています。

おかげで、体重は1ヶ月で3kgほど痩せました!(いえぃ!!!)

始めのうちは小腹が空きますが、今はだんだん慣れてきています。

もちろん、たまには普通にご飯などの炭水化物も食べるんですけどね。

我慢しすぎない程度にやらせていただいております!

しかしながら、ダイエットとは毎日毎日は都合よく減っていかないものです。。。

ダイエット経験者なら誰もがぶち当たる減らない期間があります。

そんな今回は、「減らない期間の原因:ホメオスタシス」について解説していきます!

ホメオスタシス

ホメオスタシスとは、恒常性という意味です。

生物は内部環境を一定の状態に保ち続けようとする機能があります。

体の仕組みである自律神経系や免疫系、ホルモンを生成する内分泌系になります。

例えば、気温の変化があっても体温を36度程度に保とうとしたり、たくさん水分を取っても体内の水分量を一定に保とうとする働きです。

もしも、登山をしてて遭難したとして体が耐えれるように維持してくれます。

また、急に食べるものがなくなったとしても長く生きられるようになっているんです。

生きるために必要なホメオスタシスです!

体重とホメオスタシス

ホメオスタシスは生きる上で重要になりますが、ダイエットをしている方にとってはどうでしょうか。

人間はホメオスタシスのおかげ?せい?でダイエットを始めてから、だいたい1ヶ月ほどで体重が落ちにくくなる期間になります。

よくいわれる停滞期ですね。

そんなに食べていないのになかなか減らないのは、体の中でホルモンを分泌して栄養素を以前より補充したり、代謝を抑制したりするからなんです!

減らない期間にダイエットを諦めてしまうと、ホメオスタシスが働いいているまま(吸収力が高い状態)なので、余計に体重が増えてしまいます。

停滞期と呼ばれる時期だからこそ、続ける価値があるのです。

運動嫌いの方必見!第二の心臓であるふくらはぎの運動を日常生活に取り入れる。

まとめ

今回は、「減らない期間の原因:ホメオスタシス」について解説してきました。

くれぐれも無理なダイエットは控えましょう。

身体を壊してしまってはもともこうもありません。

ダイエットを頑張っている方は、自分自身の為や周りの方に見てもらう為だと思います。

「痩せたね」とか「綺麗になったね」なんて言われたら嬉しいですもんね!

ですが、綺麗なスタイルになっても病院生活になってしまっては誰にも会えません。

ダイエットも今の瞬間だけではなく、将来の健康を視野に入れて行なうことが大切です。

ホメオスタシスを理解して、ダイエットも効率よくできるきっかけにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です