ぶどうの豆知識。種ありぶどうの良さは種無しより美味しい!ジベレリンの効果について紹介。

こんにちは!よきです!!

今日の山梨は夕暮れとともに雷のオンパレード

午後から雲行きが怪しくなり、ギラギラの稲妻が走っていました。

この時期は本当によく、夕立と雷のセットをよく目にします。

セットもハッピーセットなら嬉しいのに!なんて。笑

ですが日中は真夏に近づく毎日も1日1日過ぎる中で、に向かっていますね。

暑い夏を超えたら待っているの旬なぶどう

実に待ち遠しい限りです。

今年の秋にはどんなぶどうが食べたいですか?

やはり、人気のシャインマスカットでしょうか?

赤いシャインマスカット!君の名は「クイーンルージュ」赤系の皮ごと食べられるぶどう!

皮ごと食べられる種無しぶどうは本当に手間なく食べられありがたいものです。

ここ最近の主流は種無しの皮ごと食べられるぶどうの一択ですね!

では、種ありのぶどうはもう時代遅れなのか。。。

実はそうでもないんです。種ありには種ありの良いところがあるんですよ!

美味しいぶどうは実は種無しより種ありぶどう

スーパーでよく見かけるぶどうは種無しが増えてきています。

種なしぶどうが皆さんが知っているように人気のぶどうですが、

ここでぶどうについての豆知識!

ぶどうについて少々詳しい方なら当然知っているでしょう。

実をいうとぶどうは種がある方がおいしいんです!

種があるかないかはジベレリン

ぶどうが種ありになるのか、種無しになるのかなぜでしょう。

品種が違うから?農家さんが一粒一粒種をとってくれているから?

いいえ!違います!

ぶどうを種なしにするには、ジベレリンというホルモン剤にぶどうをつける作業があるからなんです。

ぶどうにはもともと種のない品種も存在しています。

しかし、スーパーなどで販売している種無しぶどうの多くがこのジベレリン処理をされて作られているんです。

そしてぶどうが成長してく過程でこのジベレリン処理を行なうことで、見事な種無しぶどうに変身するんです。

農家さんのひと手間があるからこそ、食べるときに私たちの手間が省けるんですね!

ありがたやです!!!

では、ジベレリンをつけないでいる種ありぶどうがなぜ美味しいのか。

それはですね、ジベレリンをつけることでぶどうの粒は大粒に成長します。

しかし、小粒で種ありのぶどうと糖分は変わりません。

と言うことは大粒になる分、甘さは小粒のぶどうより薄まってしまいます。

なので、正確には種ありのぶどうの方が甘くなり美味しいということになります。

まぁ、最近のぶどうは本当に甘いので種無しにしたからといって酸っぱくなるようなことはありません。

種無しでも十分甘くて美味しいぶどうができます。

ちなみに巨峰やピオーネなどの品種ももともとは種ありでした。

食べやすさよりも味を優先したという方や実際に食べ比べしてみたいと言う方は、

ぜひ種ありのぶどうを探してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です