せどりでの利益で見落としがちな手数料!メルカリ初心者が落とし穴に綺麗にハマった話。

こんにちは!よきです!!

現在は本業の仕事、副業のバイト・ブログ・せどりを回転させている私です。

その中でも仕事以外の時間は、せどりの時間が最近は多いですね。

副業が当たり前の時代がすぐそこまできている!これからは個人と個人が経済・ビジネスを回す。

安く仕入れて、できるだけ高く売る。これは商売の基本ですね。

私も基本を学ぶべくしてせどりの効率性などを考えますが、このビジネスはよく出来ているなと感心してしまいます。

行動して経験しているからわかることがありました。

せどりを行なう場合では、アマゾン・楽天市場・メルカリなど大手のサイトを使用させてもらいます。

これらのサイトから、自分の品物をいろんな人に提供するわけですが。

手数料(+送料)の存在

手数料の存在がとても大きいですね。。。

仕入れた金額が3,000円に対して、売る金額が1万円であったら7,000円の利益といった単純計算ではないんです。

例えば、手数料が10%の場合は、1万円で売ろうとすると1,000円が手数料です。

高く設定すれば、高い手数料になるわけですから、自然に運営サイトは儲かります。

仕組みを作った方は本当に天才です!

そして、メルカリの場合は送料もかかります。

基本的には出品者が送料を負担します。

となると・・・売った金額に対して、仕入れた金額+手数料+送料を合計した金額を差し引いて利益になります。

なかなか単純に儲かるわけではないんです。

売る基本を学ぶ

商売の基本は物を売るサービスを提供するかです。

良い物や良いサービスがあることで、売れるはず!

と思っていては大間違いなわけです。

大事なのは信用を集めること!

絶対的な良い商品も無名のお店からはなかなか購入されません。。。

同じ商品であっても無名ブランドより有名ブランドからなら買いたくなります

有名であることで安心感が違いすぎるわけです。

反対に言えば、好きなブランドや好きなタレントさんがグッズを売ったら買ってしまうということです。

そのぐらい、ビジネスに信頼は必要なのです。

まとめ

せどりを初めて始めるには、頭をフル回転させる必要がありました。

ネットを利用して、中古品を売るサービス「メルカリ」を利用している私です。

メルカリでは、手数料10%と送料がかかります。

この料金を差し引いて、やっと利益につながるのです。

となると、仕入れる金額や品定めがかなり重要になります。

また、物を売るにはやはりブランド力も必要です。

良い物も無名であるがために信用がなく売れないこともあります。

商品やサービスを売るには、金額の計算+信頼を集めることも大事であることに気づきました。

これから、個人でビジネスを始める方は基本的に以上のことを頭に入れておくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です