お金の価値はみんな平等!学校でも教わらないお金の話で自らの幸せを考える!

こんにちは!よきです!!

小学生の頃は、足が速い男の子がモテました!

なぜだか、勉強できる人より運動できる人の方がかっこいいってなってましたよね。

それが大人になると知的な人だったり、お金を持っている人だったりがなんとなく立場的に上になってません?

勝手な私の感覚や価値観です!笑

成功者(会社の社長ってかっこいい!)に憧れる私ですが、今回はお金と幸せということについて考えていきたいと思います!

たいていの方は「そりゃそうだろ」って思うところを掘り下げていきましょ!

お金のあり方

お金はたくさんあった方が良いに決まっていると、10人いたら10人思うはずです!

毎日朝起きてから夜寝るまでに生活全てにお金が関わっています。

住む家にも、眠る布団にも、食べる食事にもです。

私の場合では、このブログをする為のパソコンも必要です!

でも人は欲があるので、お金があれば、

高級レストランに行って食事ができて、綺麗な高級車に乗れて、大きくて広い家に住めるし、

他にも趣味がゲームならたくさん課金も自由だし、旅行が好きなら行きたいとこにすぐ行けるとも考えます!

そんな魅力的なお金は、やっぱりあった方が良いと誰もが感じているはずです。

お金への不安

お金がたくさんあれば良いと思うのは、たくさんあることで困りにくいと感じるからかもしれません。

お金があることで幸せになるとはまた違って、お金があることで不安が少なくなるといった考え方です。

もしもの時、自分自身の怪我や病気、子供の教育費、両親の介護費などですね。

これらはお金が必要な時になかったらという不安から、やっぱりお金はあった方が良いとなります。

お金の話はタブー

世の中では、お金の話をすることはあまり好まれません。

「お金の話なんて汚い」「欲深しい人だな」「ケチケチしていそう」といった雰囲気があります。

例え貧乏でも汗水流して稼いでいる人の方がカッコよかったり、

お金持ちは何か汚い方法で稼いでいるのではと思ったり、してしまうのが現実です。

だからこそ、お金の話は教育の場ではなかなか話が出てきません。

親の価値観をそのまま受けて、自分自身のお金の価値観・考え方になっていることが多いです。

また、お金のことに関して今までの人生で損をした場合はさらにお金への負の感情は強くなってしまいます。

人生生きていて急に儲かったなぁ!なんて思うことの方が少ないですしね!笑

お金はツールに過ぎない

お金自体はただの硬貨や紙幣です。価値は貧乏でも金持ちでも100円は100円です。

お金は、世の中に生きる上で物やサービスと交換できるからこそ価値があります!

お金をたくさん持っていることが幸せや豊かということではなく、

お金があって自由に選択できるからこそ、幸せや豊かさが上がっていきます!

本当に欲しかった物を手に入れたり、誰かが喜んでくれたりすることが本当の豊かさです。

良い人は損する?得をする?与える人が損をするのはなぜか。長い目で成功者になるために必要なこと!

他人の価値で買い物をしない

お金がたくさんあれば、高級レストランにも行けて高い車にも乗れます。

これが、自分自身の本当に欲しかったものであれば満足感が高まりそうです。

ですが、コンビニのお弁当が好きな人もいれば、車に興味がない人(動いてくれればいいや)もいます。

周りの人に見せるためにする買い物は、一瞬の喜びであり幸福感は長続きしません。

ましてや、常に人と比べてしまうことがプレッシャーにも繋がります。

こういった他人のための買い物は自らを幸福にはさせてくれません!

自分自身が本当に欲しいものが何か、考えることってすごい大切なんです!

お金があることが幸せではなく、お金をどう使うかが幸せになるのです!

私が欲しいものは「名誉」です!!!冗談ですよ!笑

まとめ

今回は、お金持ちが幸せかという話でした!

お金があるから使うのではなく、欲しい物やサービスがあるからお金を稼ぐっていう考え方の方が良いですね。

お金に関して考える機会は本当に必要になった時や困った時が多いです。

教育では教わってこなかった分、自ら考える機会を作って自分自身の幸せや豊かさを高めていきましょう!

そして、他人にみせるための使い方では豊かさは一瞬で過ぎてしまいます。

自分自身の本当に欲しかった物を考える良いきっかけになれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です