『この壺は満杯か?』から、人生の幸せを手に入れる!仕事以上に優先すべきものとは?

こんにちは!よきです!!

ネット上で有名な『この壺は満杯か?』って知っていますか?

ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出して教壇に置いた。その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。

壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。

そして砂利を壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」

学生は答えられない。一人の生徒が「たぶん違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、教壇の下から砂の入ったバケツを取り出した。それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺は満杯になったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと水を注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何をいいたいのかわかるだろうか?」

一人の学生が手を挙げた。

「どんなスケジュールが厳しいときでも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込むことは可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこではないんだよ。この例が私たちに示してくれる真実は、大きな岩を先に入れない限り、それが入る余地は、その後二度とないということなんだ」

君たちの人生にとって「大きな岩」とは何だろう、と教授は話しはじめる。

それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり、自分の夢であったり…。

ネット上より引用させていただきました。

自分自身の大切なこと、優先度を決めることを伝えるための例え話です。

大きな岩=一番大事なもの

壺に最初に入れた大きな岩とは、一番大事なものです。

それを最初に壺の中に入れなければ、永遠に手にすることができないといった意味です。

もしも小さな砂利や砂などの自分にとって重要性の低いものから壺を満たしていけば、

人生は重要でない「何か」に満たされてしまうことになります。

仕事以上の優先順位

幸せ・豊かさは自分自身の優先順位を大切にすることです。

大人になり仕事が人生の大半になっている現代ですが、幸せに生きるコツは優先順位を決めることです。

仕事が優先ではなく、「食事」が大切な人は出張中や休みの外食のお店選びにも時間をかけるだろうし、

「旅行」が大事な人は旅行の前後は仕事の休みを取るかもしれません。

また、「家庭の時間」を優先したいのであれば残業はしないで帰宅するのもありですね。

どれも、仕事以上に自分自身の幸せを優先した選択です。

お金の価値はみんな平等!学校でも教わらないお金の話で自らの幸せを考える!

まとめ

大事なことは、人生において優先順位を決めることです。

優先順位を決めることで、幸せは手に入りやすくなります。

今回の『この壺は満杯か?』から気付くべきは、重要度の低いものを優先していないか?と自分に問いかけることです。

仕事が好きで優先しているのであれば問題はありません。

しかし、仕事に縛られているのであれば、今回が考えるきっかになって欲しいと思います。

自分の人生です!良い人生にしてきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です